『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

臨時休業のお知らせ

2012.10.05 Friday
実家の事情により、10月12日(金)〜10月21日(日)まで帰省のため休業いたします。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

→ホームページOh là là
お知らせ

ツイッターの名前変えました

2012.07.25 Wednesday
お客様の中には、ツイッターとは縁遠い方ばかりの集うOh là làです。

私自身もそうですが、アナログ派が多いのが特徴的な当店です

でもだからこそ、リアルにお会いして会話することがとても楽しくて、
そしていつも打ち合わせの時間は会話が盛り上がってしまって長話しになるのですよね


それでも、少数派と言ったらまた言葉が違うのですが、
ツイッターのつぶやきを楽しみにしていただいているお客様もいらっしゃって、
ホームページ上で公開していることもあって、どなたでもご覧いただけますし、
なんと私の母までもがいつもチェックしています(笑)。
そして母はツイッターに登録していないものですから、つぶやきを見てすぐコメント的な電話がかかってきます(笑)。


というわけで、高円寺から引越しをしてもずっと、「ohlala_koenji」と名乗ってきましたが、
ようやく1年が経過してkoenjiをはずしました。

実は、知らなかったのです、名前が変更できることを。。。!
簡単に変更できてしまいましたっ!

まぁでも、私は、良くも悪くもずっとkoenjiを背負っていたかった部分もあるので、
そのままでもいいかなって思っていたのです。

例えば「paris」と名に冠しているブランドも、活躍場所をパリだけじゃなく移動したり広げたりしていますよね。パリ発、という精神と誇りを持って。
だから「koenji」で育てられたオーララも、感謝の気持ちを持って高円寺を付けていても問題なしでしょう、と、あまり気にしていませんでした。
現実に今も、高円寺のたくさんのshopさんや知人友人とは仲良しのままですし。
本来なら、オーララ発祥は名古屋の、大須という場所で生まれたので、「Nagoya」でも良いのかもしれませんね。

しかし今や高円寺には存在していないことは事実ですから、ちょっと時間があったので色々触ってみたら簡単に変更できてしまい、ビックリ!
スピード感のあるツイッターというツールの中で、のんびりとしずぎていましたね、笑。
一つずつ、これも勉強です。

どちらにしても、私はどこに行っても私です。
ご安心ください。
名前は二の次だと思っています。

ということでご報告まで♪〜

※成長もし続けていたいけど、
いつもどんな時も、ありがとうの気持ちだけは持ち続けていたい私です※

今後とも、末永くよろしくお願いいたします。

あ〜、早くホームページも書き換えないとなぁ。。。

(lalaコのツイッターはこちらです。)

→ホームページOh là là

お知らせ

お問い合わせ先電話の不具合

2012.07.07 Saturday
お客様へお詫びとお願いです。

通常、お直しのご予約やお問い合わせは、携帯電話とメールで受け付けております。

べったりパソコンの前に座っているわけではないので、メールのチェックは手が空いた時しかできませんので、
お返事がすぐにできないこともあり、
外出も多いので携帯電話がメインとなっています。

なのに・・・

この西新宿のアトリエは、携帯電話の電波状況がかなり悪いです
というか、西新宿一帯が悪いように感じます。。。

電波状況を調査してもらい、室内アンテナを設置してもらいました。
にもかかわらず、
「新宿・代々木・中野3方面から電波がきてるがすべて安定していなくて、アンテナを設置しましたが拾いにくいことに変わりはありません」
ということで、
「仕方ないのでこの現状で我慢してください」
という結果になっております。

ここは、携帯大国日本。
しかも日本の首都東京。
その東京の一番のビジネス街で、繁華街。
の、すぐ脇なのに!?

その上、今は地下鉄をよく利用しているので、地下鉄車両内も電波悪いし・・・。
高円寺の方が、よっぽど安定してたよ〜、などと思ったり…。

と、こういう状況のまま室内アンテナを取り付けて1年が経ちますが、
電波が今も安定しないままで皆様にはご迷惑お掛けしております、すみません・・・。

少し体の角度を変えただけでプツンと途切れたりするので、都会の室内なのに、公衆電話から電話しているかのように、一度話し始めたら、その場から一歩も動けないような固まった姿勢でいつも通話してます。
そんな笑えないような見えない努力もしていますよ。

設置してある固定電話から携帯に転送しても、結局電波が悪ければ、あまり転送も意味無いですしね
(震災後、電気要らずのアナログダイヤル電話にしたので、留守電は付いておりません)

電波が届かない場合はメッセージセンターに繋がりますので、
お手数ですがひとことメッセージを残していただければありがたいです。
こちらから折り返しご連絡いたします。


以前友達が「便利な物って、結局不便なんだよ」という名言をつぶやいていましたが、
全くその通りで、携帯の意味が無いなあ・・・とがっかりしつつ。。。
誰かが悪いわけでもないし、
便利な道具やサービスが、いつも当然にあると思い込んでいることの欲の方が怖いと思ってみたり。。。 

便利そうに見える現代。
便利なモノは上手く利用して、あまり頼り切らず、焦らず怒らず、優しくいきましょお。

と、話がそれましたが、
つまりは、メールよりは直接リアルタイムに会話ができる電話でのお問い合わせが一番嬉しいのですが、
それにもかかわらず、電波が悪くてすみません、というお詫びと、

電波が悪い時は、留守電にひと言メッセージを残していただければこちらからかけ直しいたします、
というお知らせでした。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします★

→ホームページOh là là

お知らせ

さて、始動します!

2011.11.19 Saturday
皆様、大変お待たせいたしました。

お店を開店してからずっとずっと、たくさんのご要望を頂いておりました
オーダーメイド
を、ついにスタートいたします!

ホームページのリニューアルまで、まだ全然手が回らない(もちろんすべて一人での作業なもので・・・)ので、
先行してこちらのブログで報告させていただきます。

といっても、当アトリエは、あくまでも『洋服修理』業がメインですので、初めは少々制限をさせていただくことになります。
軌道にのってきましたら、色々膨らませていけたらと考えております。

しばらくの間は、
女性用の春夏用ワンピース
限定で、受付をスタートさせていただきます★

そしてなんと!オーダー・スタート記念といたしまして、約3ヶ月間、
割引キャンペーンを行います!
是非ぜひ、二度とない、この割引期間をお見逃しなく!!


〓〓〓オーダーメイドワンピース 割引キャンペーン〓〓〓

本日〜2012年2月29日までにご注文いただきましたオーダーメイド・ワンピースにつきまして、
合計金額から50%割引いたします!
つまり、半額です!

オーダーメイドが初体験の方も、このチャンスに是非ご自分だけの1着を仕立ててみませんか?

ベースとなる型紙を一度作っておけば、その後も色々アレンジを加えたり、生地を変えたりして、
縫製代のみでリピートすることができます。

もちろん一度作った型紙は、大切に保管させていただきます。

ただし、キャンペーン価格の対象は、期間内においてお一人様1着限りとさせていただきます。


〓〓〓オーダーメイドワンピースについて〓〓〓

元々古着ショップであり、ずっと古着の修理をさせていただいているOh là làだからこそ、の
技術と感性と愛情を持って、
オーダーメイドという形を通して、また一歩、お客様に近づけたらという思いで、
ようやく準備が整いました。

そして、やはりここはOh là làという特徴があります。
普通のオーダーメイドとは、ちょっとだけ違う特色があります。

長年研究を重ねた、1960〜1970年代前後の古い型紙をOh là là流にアレンジした製作方法で、
お客様の体型にピッタリ合わせます。
つまり、流行最先端のとある有名ブランドのようなオーダーではなく、
『レトロ・ワンピースのオーダーメイド専門』という名目にいたします。

可愛い古着を着たくても、
サイズが合わなかったり、生地が傷んでいたり、同じ物がもう売っていなかったりして、悲しい経験をしたことってありませんか?
でも、これからは大丈夫です!
いわば、古着の復刻のようにオーダーメイドを楽しんでみてください。

さあ、もう私の頭の中は、かわいいワンピースでいっぱいです♪
(イメージ写真を、どうぞお楽しみください)
a1.jpga2.jpga4.jpg
a5.jpga7.jpg
a6.jpga8.jpga9.jpg
上10着:1957年夏のファッション@文化服装学院出版局


b2.jpgb3.jpgb4.jpg
上4着:1958年春夏のファッション@文化服装学院出版局

c1.jpgc3.jpgc4.jpg
c2.jpgc5.jpgc6.jpg
上7着:1966年夏のファッション@婦人生活社

d1.jpgd2.jpgd3.jpg
d6.jpgd5.jpgd4.jpg
上10着:1969年夏のファッション@文化服装学院出版局

e1.jpge5.jpge3.jpg
e2.jpge6.jpge11.jpg
e10.jpge9.jpge8.jpge7.jpg
e19.jpge18.jpge17.jpge16.jpg
e15.jpge13.jpge12.jpg
上17着:1970年夏のファッション@文化服装学院出版局

f1.jpgf2.jpgf3.jpg
f4.jpgf5.jpgf6.jpg
f7.jpgf8.jpgf9.jpgf10.jpgf11.jpg
f15.jpgf13.jpg
f14.jpgf17.jpg
f18.jpgf19.jpgf20.jpg
f21.jpgf22.jpgf23.jpg
f24.jpg
上35着:1973年夏のファッション@ホームライフ社


■料金案内■

春夏物のワンピース
h1.jpg  h2.jpgデザイン画:lalaコ
◎一番基本的なデザイン
60,000円 ⇒ キャンペーン期間 30,000円(2012年2月29日まで)

(前身頃・後ろ身頃・半袖筒袖 or 袖無し・ダーツ前後・1枚襟有り or 無し・ファスナー有)
●裏地無し
カッティングやシルエットは自由
消費税・採寸・仮縫い・補正付き
=つまり、生地代以外はすべて込み込み価格です。


●裏地付き
表60,000円 + 身頃のみ裏20,000円 = 80,000円
キャンペーン期間 40,000円(2012年2月29日まで)

表60,000円 + 総裏     25,000円 = 85,000円
キャンペーン期間 42,500円(2012年2月29日まで)
------------------------------------------------------------
◎同じ型紙を使用しての2着目からの縫製代
●裏地無し
35,000円


●裏地付き
表35,000円 + 身頃のみ裏20,000円 = 55,000円
        ( + 総裏     25,000円 = 60,000円 )



◎オーダーのデザインは自由です

実物の古い型紙や製図からの復刻も可能です。
デザインのご相談も承ります。
上記の写真は、すべて製作可能ですので、参考にしてみてくださいネ。

基本のワンピースは、あくまでも最低限の工程です。
どんな形・デザインでもご相談ください。
パーツやデザインが複雑になるにつれ、費用もプラスになります。
(お直しのリメイク時と同等の料金です)

例えばこんな一例では
h3.jpgデザイン画:lalaコ
基本的なデザインに
ウエストラインで切り替え・袖口カフス付け・襟ポロ開き・スカートにボックスプリーツ入り
裏地無し 79,000円〜 ⇒ キャンペーン期間 39,500円〜(2012年2月29日まで)

※生地につきまして※
当方では生地のご用意がございません。
お持込や現行品にての製作になります。
素材によってはオプション料金がかかります。
ニット素材は、箇所によっては使用できません。
古いお洋服を分解してのお仕立ても可能ですのでご相談ください。

オマケでオーララのネームも付いちゃいます☆(ご不要の方はお申し付けください)
hp 004.jpgまたはhp 002.jpg

なお、仕上がり納期は1〜3ヶ月を目安としていますが、
何分一人での作業のため、混雑時は少々お時間をいただくこともございます。。。
ご理解のほどお願い申し上げます。。。

■ご注文方法■
洋服リフォームの方法と同様です。
ご相談・ご注文・仮り合わせ・お受取りはご予約(アポイント)制でお願いいたします。
お支払いは前払いとなっております(各種クレジットカードのご利用OK)。


そして本日の最後に、あらためてお詫びを・・・
ホームページのリニューアルは、まだ後しばらくお待ちください・・・
雑多なサイトのままですみません・・・

文章だけでお伝えするのがとても難しいので、
とにかくご不明な点は、どんどんご質問くださいませ!!
お待ちしております!


→ホームページ Oh là là

お知らせ

夏休み

2011.08.14 Sunday
毎日暑いですねぇ・・・。

もう皆様は、夏休み真っ只中でしょうか。

さて、Oh là là は、8月16日〜25日まで、お休みをいただきます。
地元、名古屋へ帰省してきます〜。
Twitterでは、なるべく随時、近況をお知らせいたしますね。

どうかお天気に恵まれますように。。。

それでは、また、夏休み明けに、お会いしましょう♪

→ホームページ Oh là là

お知らせ

移転の事情:パート2

2011.08.09 Tuesday
移転の事情の後半です。

文章を書くのが下手なくせに、今回は文字を詰め込み、長文となっています。
しかしながらこれを書かなくては、これから先へ進めないので、何とか書いてみました。
なんとなくでもお伝えできましたら、幸いでございます。。。



今日のお題は、『そしてなぜ、西新宿なのか』です。

実は、西新宿には、特に思い入れは全くありません。
あらかじめ西新宿というのを決めていたのでもなく、
私にとっては、どちらかというとあまり馴染みのないこの場所へ、
ほんの短い間の中で、
なんだか見えない何かに”連れてこられた”ように、今でも感じています。

私に何が起こったのでしょうか・・・。
自分でもあらためて思い出しながら、時系列順に書いていきたいと思います。


【2月中頃】
春の魔法にかかってしまいました。
冬の突き刺さるような冷たい風とは違う、フワッと優しい、いい匂いがする風。
頬に優しく当たっただけなのに、春のパワーってすごいです。
すべての命が息吹いている。生まれている。
道ばたには、膨らんだつぼみを沢山つけた植物が、いっせいに出番を待っている。
明るい陽射しが、
「君もこっちへおいで」 「一緒に夢を叶えようよ」
と手を差し出してくれてるような・・・。
不思議な魔法にかかってしまいました。

・・・そんな風に書くと、私のただの気まぐれのように思われるかもしれませんが。。。

もちろん夢もいいのだけど、それでもなんとか古着屋さんを続けていけないか。
場所が変わってもとか、お直し部門をやめるとか、ネット専門にするかとか、スタッフを増やすとか、
色々な案を検討し、最後まで粘りました。
古着屋さんをやめることは、1%も考えていませんでしたが、
どれもこれも欲張ってばかりでは、全く先に進めないということも含め、
もう、頭で考えることが限界に達していました。
とても苦しかったです。

でも、最後には 『春パワー』 に背中を押されました。


【2月末頃】
ついに、古着ショップ部門をやめる決心をしました。
そして、店舗の閉店も同時に決めました。
私はやっぱり不器用で、着実にひとつずつしかこなせない、ということがわかったのです。
古着屋さんを続けてほしい、再開してほしい、というお声を、ありがとうございました。
断腸の思いでしたが、決めてしまったのです・・・ほんとうにすみません。。。

ショップ閉店を決めた2月末の時点では、
お店の閉店後直後について、何も考えていませんでした・・・。
正確には、先のことなんてもう何も考えたくなくて、考えること自体を拒否していました。
とにかくお店の最後をきちんと終えること。
それだけしか、頭の中にありませんでした。
閉店後すぐは、数ヶ月先までお預りしている、皆様のお直しの仕事をささやかにやりつつ、
その後はしばらくノンビリして、それから自分のこの先の人生について考えようという計画が、
なんとなく頭の中にあったくらいです。


【3月】
ところが実際は、ノンビリなんてとんでもない。
3月中の閉店セール中も、
そして3月11日以降は震災後にもかかわらず、
とてもありがたいことで、お直しのご注文を、普段どおりにいただいていたのです。

セールの品出し及び、在庫や倉庫の片付け、
そしてお直しの仕事もこなしつつ、
特に3月中は、例の確定申告という、年に一度の恐ろしい経理に追われていますし、
毎日続く夜中の余震にも、かなりの寝不足になっていましたし、体力を消耗していました。

しかし、やはりお客様の声。
こんな私でも必要としてくれる、お直しを続けてほしいというお声・・・
それは私にとって、驚きとともに、とても大きな励みになりました。
これこそが、私が最もやるべきことだ、という確信のような・・・。


【4月4日閉店】
お店の最終日は、やっぱり悲しかったナ・・・。
だけど無事、終えることができました。
閉店セールへの、たくさんのお客様のご来店、本当にありがとうございました。
プレゼントやお花、たくさんいただいきまして、嬉しかったです。

特に嬉しかったのは、親友で、グラフィック・デザイナーの友達が、
こんなに可愛い卒業証書を隠れて作っていてくれて、プレゼントしてくれたことです。
感激しすぎました。
9D.jpg
新しいオフィスに、額装して飾ってありますので、是非見に来てください。
私の宝物です。


後片付けが始まり、お直し仕事の道具(ミシンやアイロンなど)は、なんとか自宅に収め、
自分だけの作業場所はとりあえず確保していました。
とにかくお店の最後を無事に迎えること。
これしか考えていなかった私は、お店の備品や什器をしまっておくなんていう場所もなく、
ほぼすべて店頭に並べ、「ご自由にどうぞ」と書いて、毎日少しずつ片付けていました。
それはそれは見事に、一つ残らず!すべて新しいご主人様の元へ引き取られていきました。
サスガ、高円寺です(笑)。

そして実際にすべて終わってみると、
ある意味身一つのようになり、身も心もとても軽やかになりました。

皆様のお声があったことが急な展開となり、
今後お店がなくなる以上、新しく受け付ける場所をすぐに確保しなくては・・・
というところから、新しい物件探しが始まりました。
しかし、4月4日以降の閉店に伴う片付けと、普段のお直しのお仕事とで、
すぐに動くことができず、
でも心だけは焦っていました。


【4月15日】
この日は、最後に建物のオーナーさんへ鍵を返す日。
お店の明け渡しでの立会いは、いろんな想いが込み上げてきて、
絶対に泣いてしまうだろうと、前々から覚悟していましたが・・・・
実際は泣きませんでした。
オーナーさんも、これがまたご理解のある方で・・・。

自分なりに精一杯頑張った。だからもう、何も悔いは無い。
それは多分、やり切った感、完走し終わった時のような心境で、
なんだか卒業式のようでした。
妙にすがすがしかったのです。
本当に、苦労いっぱいしたけど、それもこれも全部、私の背中に背負っているし、
私の宝物でもあって、そうやって積み上げていくことでもあると思うのです。
すべてに、すごくスッキリとしていて、感傷にひたるというよりは・・・
すでに私の気持ちは、もっと先の道を目指していたのかもしれません。
すべてに感謝。そして新しい未来へ。
そんな気合いの方が大きかったのでしょうか。


【4月後半】
物件探しに焦る日々。
もちろんNEW OFFICEは高円寺、もしくは高円寺近辺という考えしかありませんでした。
知人に協力してもらい、受付場所を間借りしながら、とにかく仕事と物件探しの毎日を、
4月中は必死でしていました。

しかし・・・
4月も終わる頃、世の中はすでにゴールデンウィークに突入していましたが、
高円寺には、私の条件に合う物件は皆無ということがわかってきました。
高円寺の不動産屋さんとは、以前から何件もお付き合いがあり可愛がっていただいていましたが、
足繁く通っても物件がなく・・・・・・。

気を落としたくないので、視野を他の場所に向けてみますと・・・少しずつ何かが見え始めました。
あぁ・・・高円寺以外にも、いろんな場所があるんだな・・・と。

上京してから13年間、高円寺を一度も出たことが無い、
まさに私は高円寺っ子でした。
しかし、東京は広い。
いっそこれをチャンスと捉えて、別の地域に移ってみても、バチは当たらないのではないか・・・。
高円寺以外に、憧れる街は特にないけれど。

・・・と、色々な街を実際に歩いて探すことに・・・。


【5月】
そして5月上旬の、ゴールデンウィークも終わった頃。
高円寺以外なら、都内で私の条件に合う物件は、すぐに多々ありました。
そこから3つの街を厳選しました。
『西新宿』 『目黒〜白金台』 『浅草橋』 近辺に絞ったのです。

今では、全国からわざわざいらしていただいているお客様のことも考慮し、
「とにかくわかりやすい場所、駅から徒歩1分以内」という条件は絶対に譲れませんでした。

諸々の条件をさらに考慮しつつ、
そして、各町の土地の神社に実際にお参りもして、最後はただご縁を待つだけでした。
・・・その結果が、今の西新宿となったのです。

西新宿って・・・どうなんだろう。
よく知らないし・・・。
だけど、お直しの仕事で一番重要な、
「オカダヤ」と「ユザワヤ」(大規模な手芸店)2店もが近所というのが素敵すぎます。
素材探しに、毎日でも通っていたいですからね、この2店は。
これはとても重要な決定点になりました。

そして。
”高円寺からもほど近い” というところも良いのです。
もちろん高円寺の中であれば、一番よかったのですが、
”急な”私の条件に合うところは、やっぱり最後までありませんでした。

とにかく、晴れて新しい土地に引越しを開始いたしました。
それは5月も中旬を過ぎていました。。。

そ、そして!
これは余談ですが、その上、更に問題が起きました!
住んでいる部屋が、今回の地震により傾いてしまい、
大家さんより、工事のため部屋の退去を命じられまして・・・。
お部屋の引越しも余儀なくされてしまいました。。。
また仕事が増えるーーっ!!


【5月末以降】
そんなこんなで、引越し開始。
知人に車を出してもらって、毎日少しずつ時間を見つけては、
ちまちまと引っ越しをしながら、
仕事もしながら、
内装もしながら(基本的に私、何でも屋ですからっ)、
住居の引越しもしながら、
6月1日より、未完成のまま、NEWオーララがスタートしているわけでございます。
現在でも、内装作業と、仕事を両立しながらの毎日を送っております。

だけど、お店にあった物ほとんどを手放してしまったので、
什器や家具が無い・・・・。
また振り出しに戻りながら、手作りしながら、楽しんでやっています。
心機一転、ってやつですね。

5月末には、20年ぶりに伸ばしていたロングヘアも、ばっさり切りまして。
やっぱり私は、ショートが好きだなぁ〜。

とにかくとにかく、前にも書きましたが、
3〜5月の3ヶ月間で、1歳は歳をとったくらいの日々でした。。。

でもでも、とっても元気なのです。
病気ひとつしていませんし、
心はとても軽やかです。

ただ、忙しすぎたので、この4ヶ月くらいの間、
テレビやネットを全く見ていませんでした。。。
大丈夫かな、私。
世間から、完全に孤立しているような・・・。
まあ、しばらく海外一人旅をしていたと思うことにして(笑)。
ようやくここ10日間ほどで、少しずつ日本の情報に慣れていっています(笑)。


【そして、これから】
と、そんな感じで、全く計画的ではない上に、
あっという間にこんな結果となり、自分でも驚いています。
目に見えない何かに、ここまで一気に連れてこられてしまったような、今もそんな気分です。
(ちょっとは休みたかったな、ハハハ…

なんだか、私ばかりが大変だったように書いてしまいましたが、
私なんかより、はるかに色々な事情をかかえて大変な人々が、世の中にはたくさんいます。
それも承知で、自分の視点で今回は書いてしまいました。

東北地方の方々を思えば、ゼロからだって、何でもできる。
振り出しに戻って、もう一度頑張ろう。
私の体の中には、ことさらに、日本人魂があふれてきています。
直接的な支援は、自分もギリギリの状態でしたので、実際は3月の間しかできませんでしたが、
でも、地に足をつけて、これからも何か協力できることがあれば、進んで共に歩いていきたいです。
私は、私を頑張らなければ、人を元気にしてあげることさえできないのだから。

この先は不安もたくさんあるのですが、心を決めました。
地球は今日も生きていて、私一人なんて、とても小さい無力な存在だけど・・・。
ヴィジョンも大きく、夢も大きく!もちろん古着もファッションもフランスも大好き!

この先の私自身の夢は、一つずつ叶えていけるように、毎日ささやかに努力していきます。
それがどんな夢かは・・・・・
またお会いした時にでも、一緒にお互いの夢を語り合いましょう

ひとまず、新しいアトリエが、正常に滞りなく機能して、
お客様に安心していただけるような存在になること。
これが今の私の目標です!
(夢とは違いますけどね、笑)

オーララは、外側の形は変わりましたが、内側のスピリットは変わらず、
いやそれ以上を目指して、
もっともっとお客様と近い位置で。
色々なサービスを構想中です
あなたの”専属スタイリスト”という気分で、これからも こき使ってやってくださいね。


それでは、移転の事情につきましては、これでご報告は終わりです。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

次回からはまた、色々楽しい話題を書いていけたらと思っています。

この広い世界で、限られた時間の流れの中で、皆様と出会えたこと、本当に嬉しいです。
これからも、皆様のお力になれればと思います。
今まで同様、いつでも気軽にご連絡くださいね。
また近いうちに、お会いできますように☆
(ネット上だけじゃなくて、リアルにネ!)

→ホームページ Oh là là

お知らせ

移転の事情:パート1

2011.08.03 Wednesday
この度は、Oh là là高円寺店舗の移転にともないまして、
ご説明が後になってしまったことを、まずお詫びいたします。


2月の最後の日。
あまりに突然、「明日から閉店セール」ですという告知しかできずに、本日まで来てしまいました。


閉店後にもかかわらず、久しぶりに高円寺のお店にいらしていただいたのに、
お店がもぬけの殻なのを見て、夜逃げでもしたのか!と思われた方もいらしたみたいで(笑)。

3.JPG  4.JPG
オーララの壁を解体中の、頼もしいスピカの田村さん。
私たち古物商は、基本的に「何でも屋」なのです

あの建物はあの思い出の姿のまま、
今でも空っぽの空間のまま、
静かにあの場所にあるみたいです。
私は、想いが強すぎてしまって、” 元Oh là là” の前を通るのが悲しすぎるので、
今はまだあの道を通ることができないのですが、
お客様と建物のオーナー様から、いつもお話を伺っております
いずれあの建物は、壊されてしまうかもしれませんが、
私と皆様の心の中には、良い思い出のまま、いつまでも残っていてほしいです。

6.JPG   1.JPG
ガランとした片付け後のオーララ


と、感傷的な、後ろを振り返ることは、今日お伝えするべきことではないので、
前を向いて、新しいスタートに至る決心の経緯をお話いたしましょう。



お話が長くなりそうなので、2回に分けて書いてみようと思います。

今日は、『なぜ古着ショップを閉店したか』 がお題です。

本当は、数年間をかけ、たくさんの要因が絡み合っていて、
しかも、暗い内容は、もうすでに私の記憶には残っていませんので、
すべてをお話することは難しいのですが、
明るい話題を選んでお話しようと思います。


オーララは、この春に、ちょうど10歳を迎えるところでした。
2011年の年も明け、ふと頬に春の風を感じた日のことです。
10年はあっという間でしたが、さてこの先の10年は・・・というのが頭をよぎったのです。
この10年という期間は、とても充実していて、成長させていただけて、幸せでした。
10年前の春と、10年後の春を思い巡らせてみて・・・私はハッとしました。
このまま同じことをしていてもいいのか・・・と。
ぬるま湯に甘えていてもいいのか・・・と。
というのも、10年前の私はまだ若くて、そしてたくさんの夢を持っていました。
古着屋さんになりたかったのは、夢の一つであって、
実はその先に、もっともっとたくさんの夢があったはずなのです。
夢への階段を、まだ1段しか登っていない自分に、10年経ってやっと気づいたのでした。。。

あっという間の時間。
これはそろそろ急がなければ、命がいくつあっても足りないではないか!
と、なんだか急に焦ってしまったのでした。

古着屋さんを続けながらも、夢には向かっていけるのではないか、
大好きな古着屋さんをやめない方法を随分考えましたが、
いろんな現実の事情も重なり、
ちょうど節目というこのタイミングで、思い切って変わることを選びました。


どんな風に変わっていくのがベストなのかは、すぐには具体的に何も決めていませんでした。
なんだか突然の思い付きみたいに感じられるかもしれませんが、
実は本当は、2年前から真剣に考えていて、
色々な人に相談をしたり、力になってもらったりしていました。
でも、どうしてもその2年間では、何も決めることができないまま、時間だけが過ぎていったのです。
そしてフッと背中を押してくれ、心を決めさせてくれたのが、『春の風』だったのです。


ところが、ちょうどその時、あの震災がありました。
震災は、都内にいた私にも、かなりの恐怖と動揺がありましたが、
皮肉なことに、そのタイミングがあったからこそ、私の行く先が見えてきたのでした。
私という人間は、この先どう生きていくか。
この日本国で、地震大国で。
そして、今までの生きざまと、今後どうしなければいけないか。。。

そして、意志は固く、
夢の階段を、また登りたくなったのでした。

5.JPG
閉店セール中の、3月のオーララ

今日はここまでです。
続きの 『そしてなぜ、西新宿なのか』 を、次回書きます。


オーララは、私一人だけのものではありません。
今まで関わってくれたスタッフ、友人、家族、取引先の方々、そして直接のたくさんのお客様の声。
みなさんのお店です。
ほんとうにありがとうございました。
この、皆に育てられたオーララを、捨てれるはずがありません。
私は、一人になったこれからも、ずっとオーララを続けていくつもりです。
ぜひ暖かく見守っていてください。
がんばります!


・・・つくづく、文章が下手な自分が嫌になりますが、
今日はこのへんでお許しください。。。

→ホームページ Oh là là

お知らせ

移転情報&今後の夢、などなど・・・

2011.06.04 Saturday
みなさま 皆様・・・・・・。

大変ご無沙汰しております。

たくさんのお問い合わせ、ご心配、メッセージ、
そして、ホームページやブログへのアクセスを、本当にありがとうございます。


大変お待たせしておりましたが、
新しい場所での、お直しを6月1日よりスタートしております


閉店から約2ヶ月の間も、インターネットの通じない中、
臨時の場所を確保しながら、お客様にはご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

お問い合わせのお客様には、個別に新住所をお伝えしておりましたが、
本日あらためて、ブログではございますが、発表したいと思います。

ホームページの更新は、どうかあとしばらくお待ちください。。。。。。スミマセン。。。


【場所】
西新宿
=新宿のすぐ西側、新都庁を抜けた辺りです

【住所】
160−0023
東京都新宿区西新宿5−25−13 パラガイハイツ 9-D

【アクセス】
アクセス方法は色々ありますので、便利な順で並べて書いてみます。

〈電車〉
・都営大江戸線「西新宿五丁目」駅 A2出口 目の前(徒歩30秒)
・メトロ丸の内線「西新宿」駅 各出口より 徒歩10〜15分
・JR他「新宿」駅 西口各出口より 徒歩20分前後

〈お車〉
当ビルの隣、他近辺にコインパーキング有

・新宿方面から
  靖国通り〜方南通りに入り、新宿中央公園を越えてまもなく、方南通り沿いです

・中野、渋谷、世田谷方面から
  山手通り〜方南通りに入り、一つ目の信号の前、方南通り沿いです

ご来店前にご注意
こちらの場所は、店舗ではございません。(詳しくは下記参照)
ご相談、ご注文、お受取りは、完全アポイント(予約制)です。
当日のアポイントは受けられない場合があります。
遅くとも前日までにどうぞ。。。
必ず「この日のこの時間!」という場合は、お早めに。。。
よろしくお願いいたします。

【ご予約方法】
今までと変わらず、宮崎(=lalaコ)の携帯へどうぞ。
090-3085-0960

お急ぎでない方は、お返事がすぐできないこともありますが、
今までどおりメールでもお受けしています。
こちら

【料金形態】
料金は、現時点では今までと変わりません。
更なるサービスと、技術の勉強、色々ご期待ください!
もちろん今までどおり、ワガママ大歓迎!です!

【営業時間&定休日】
特に設定していません。
事前にアポイントを取っていただければ、できるだけお合わせいたします。

【アクセス・オマケ】
高円寺近辺にお住まいの方へ

高円寺〜近辺にお住まいのたくさんのお客様には、この度、少し離れてしまったことがとても残念です。
10年間という長い間、皆様のお支えがあってこそ、のオーララでした。
今後は、高円寺へ、こちらから訪問&郵送でのやりとりも検討しております。
いつでもご相談承りますので、どうぞいつでもお気軽に、今までどおりご相談くださいませ。
最善の方法をご相談いたしましょう。

・JR「高円寺」駅から、自転車で22分です
「中野坂上」と「新宿」の、ちょうど中間ですので、バイクや自転車をお持ちの方は、
置き場もございますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。(アポイントを取ってくださいませ)



さてさて、ざっと書いてみましたが、
新しい場所の様子を、チラッとご紹介しましょう。

Oh là làは、看板をそのまま引き継ぎまして、『Oh là là』のままでございます。
この度の引越しは、〈洋服リフォーム〉に専念&パワーアップを目指し、
店主lalaコが、たった一人で挑みます。

ビルの一室で、
・サロン(ご相談、打ち合わせ、フィッティングなど)
・アトリエ(lalaコのお直し作業が見れちゃいます!)
・オフィス(取引き先の方も出入りします)

を兼ねます。

古着ショップは今回はございませんが、
今後少し落ち着きましたら、ショールームとか、ネットショップは検討しています。
ただ、それが何ヵ月後か、何年後かは、今のところ未定です。
もちろん古着も大好きですが、今後は作品なんかも作っていきたいと夢見ています。


今後のパワーアップの内容は、
今はまだ、引越しもままならない状態ですので「準備中」としかお伝えできないのですが、
・お直し当日仕上げ
・ご来店不要のシステム向上
・遠方の方のための現地出張
・古着の復刻
・オーダーメイドの制作
・もっともっと、ワガママでこだわりのお直しに、とことん付き合う
・美術品の修復
・お直し教室
・・・・・・・・・and more more...

たくさんの構想が、頭の中でグルグルしていますが、
きちんとお知らせするのには、あとしばらくお待ちくださいませ。
ぜひぜひお楽しみに!
また、ご意見、ご要望がございましたら、お声をお聞かせくださいませ。
皆様のお力になれるのであれば、ぜひlalaコにご相談ください!


そして、私自身はといいますと、
も〜〜!
3月頭から、閉店を決定してからというもの、どれだけ過酷な日々を過ごしてきたか!というくらい、
ハードな毎日でした。
きっと、この3ヶ月で、1歳は歳をとった感じです。
だけど、頑張っています!元気です!
早くみなさんと再会したいです!


新しい場所は、目の前に新都庁の高層ビル群が立ち並び、日本の首都がそこにあります。
ビルの9階という、地震にはちょっと怖いけど、空の広い場所に、新しいオーララは移りました。

震災、閉店、移転(移店ではありません)、不安、期待、絆、感謝・・・・・
たくさんの事が、私の周りを渦巻いていますが、
またそのことは、ゆっくり落ち着いたら、またブログに書きたいと思います。
どうして閉店して、西新宿へ引っ越したのか、なども・・・。


今日はまず、「もうやってますよ〜」ということの、お知らせと近況報告だけでお許しくださいませ。


まだまだ、内装もままならぬ、雑然とした室内ですが、
手作りで楽しんでやっていますので、
大目に見てくださいね(笑)
もちろんお手伝い、歓迎いたします(笑)


ではでは、また近いうちに書きます。

いつでもご連絡、お待ちしておりますよ★★★

→ホームページ Oh là là


お知らせ

最終営業はあと3日間!

2011.04.01 Friday
とても沢山の出来事と、気持ちの整理がつかないまま、
当店の古着ショップ終了セールと震災について、
まだ言葉では何もまとまっていないままですが、久しぶりにブログを更新しようと思います。


震災被災地の皆様、心よりお見舞い申し上げます。
まだ終わっていないし、胸が苦しいのですが、前を向いて一緒に歩んでいくつもりです。
それしかないと思うので、出来うる限り、協力していきますよ、私は。

そして、東京も含め、全世界がざわついています。

東京在住の私は、決定的な被害があったわけではありませんが、
ずっと心が動揺して、怖くて、不安な毎日を送っていました。
でもようやく少しずつ、現実を見れるようになりました。
被災地への支援、周りの大切な友達や人々のこと、まだまだ続いている余震、
原発の問題、選挙もありますし、
私なりに思うことは沢山あるのですが、ここでは控えさせていただきます。
思いは行動で示していこうと思います。


当店につきましては、地震を挟み、バタバタとしたまま、
こんなタイミングなのですが、予定どおり今週末3日間で、一旦幕を閉じます。

10年間、この地で温かく育てられ、
勉強させていただき、
たくさんの出会いがあり、
笑顔があり、
人があってこそ、の10年間でした。
皆様には、どんな言葉を選んでも、お礼を言い尽くせません。
本当に、本当に、ありがとうございました。

大好きな古着ショップに終止符を打つ、ということを、心に決めなければならないとき、
どんなにかつらかったか・・・。

だけど、Oh là làは、終わりではありません。
10年という節目で、私は変わりたかったのです。
いつも成長し続けていたいのです。
こんな勝手な私で、申し訳ないと思いながらも、
もっと新しい形で、これからも皆さんと関わり続けていけるように、
只今いろんなアイデアを構想中です。
どうぞ、今後にご期待ください。

店舗自体も、この場所から無くなり、
私は、慣れ親しんだこの場所を出ることにしました。
行き先はまだ決まっていません。

セール中の3月中も、ずっと毎日、たくさんのお直しをしていました。
なかなかブログが更新できなくてごめんなさい。
震災直後のセールも、営業しようか迷いながらの毎日でしたが、
そんな中でも、想像以上のお客様のご来店、本当にありがとうございました。


文章が、全くまとまっていませんが、
明日からの、最後の3日間の営業、
ぜひ、思い出を辿りにいらしてくださいませ。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。
【4月2日(土)〜4日(月) 15〜21時】


Oh là là 店主 lalaコ(宮崎直美)より

また書きます!

→ホームページ Oh là là

お知らせ

追記:震災支援

2011.03.19 Saturday
先程の記事
オーララが協力に至ったきっかけは、
知人からのお声がけです。

以下のブログを読んで、共感いたしましたので、補足いたします。


〜『TVで自粛するようにと言われているが、実際に現地に物資を運んでみて分かったこと』〜

今回、ベンチャーを創業した経営者の集まりであるある組織のメンバーの有志が、資金を出し、物資を集め、自分たちで直接被災地域まで運び、配布し、喜ばれ、そして、現地に本当に何が不足しているのか?という情報を持ち帰ってきました。

その結果が元になり、現在、更に多くのベンチャー経営者の有志達が、自分たちの人脈と力を活用し、資金を集め、関西のみならずお隣りの韓国から輸入も含めて物資を収集し、2トン・4トントラックも調達し、第三、第四、第五弾の被災地への物資輸送が、徹夜で行われております(もちろん燃料は現地調達ではなく自給)。

TVの報道では、ボランティアが自分たちで物資を届けることは控えるようにと報道されています。
しかし、昨晩の夜中の NHKのニュースでの「電池工業会が190万個救済用に用意し、政府から被災地に送る予定だったが、そのうち実際送られたのはごく一部だとわかった」と報道されていました。「政府は『支援物資は自治体からの要請を受けて送るのが原則』と言う」という報道から考えても、本当に何かベストかをもっと考える余地があるのではないかと思います。

下記は、その組織のメーリングリストで共有された、彼らが物資を届けた道中や得られた情報です(あくまで組織とは関係のない、個人しての稼働であることを追記しておきます。)
下記は必ずしも、ベストは支援策ではないかもしれませんが、もっと何かできるのでは?という問いの答えを出していく、一つのきっかけになるのでは?と思います。本当に私たちができることはなんなのか?を考える為にも、当人達の了解を得て、あえて公開させていただきます。

注1:今回の行動に対して、非難の意見もでるでしょう。
しかし、その組織のメンバーの中には阪神淡路大震災で実際に被災した経営者もたくさんおり、ボランティアが独自に物資を運搬しようとして自衛隊等の通行の妨げになったという経験も十分に共有されております。また現地への物資の直接補給を自粛せよというTV報道での通知も理解しています。その上で、今回現地で被災地にいる経営者仲間からの情報も合わせ、情報が少なくかつ不確定な状況の中で、自分たちの頭で考え、総合的に判断し、行動に移し、誰も予想していなかった結果を出した、というのは、正にベンチャー起業家の精神・行動そのものであり、僕は心から彼らをリスペクトし、その活動を応援したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Monday, March 14, 2011 10:50 PM H口氏のメール

緊急車両のH口です。

只今、同じ車両に走っている車は二台!唖然です。
つまり、ガラガラです。
緊急物資を搬送する車が二台以下というわけです。
もっとガンガンにいて渋滞で大変だろうと思ったが間逆。
これをマスコミが報道すべきじゃないか。だれでも気持ちがあれば支援できるの だと。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2011年3月15日12:04 O塚氏のメール

そうなんですよ。
東北道もガラガラ。  ただし、陥没もありますので、気を付けてください。
通っているのは警察車両、自衛隊車両、あとは数台のトラック(救援物資)くらいです。
国は、個人で物資を運ぶのはNOとラジオで流していましたが、現地は食べるものがない。
まずは届けてあげないと・・・。


続きは・・・内山幸樹のほっとブログ⇒こちら

→ホームページ Oh là là

お知らせ