『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

Pコートのお直しも人気です

2017.02.20 Monday

当店で長年に渡って大人気のお直しなのに、そういえばブログに掲載したことがありませんでした。

U.S.NAVYのメルトンウール素材のPコート。

 

こちらはサイズ直しです。

ちょっと手を入れただけなのにお体にピッタリという、最高にカッコいい仕上りになりましたのでご紹介してみます。

シュッ!!としました(^▽^)

1.JPG←←ビフォー。  →→アフター。 2.JPG

お袖だけ細くしてみました。

なぜならば、他の部分はとてもタイトで、お袖だけ太かったからです。

一目瞭然、本当に太い!!

お袖は、動きやすさから、当時の軍用モノは必ず太く作ってあります。それは当たり前のことで驚きませんが。。。

しかし何故、その他が異常にタイトなのか、、、

一般的な古着は、お袖に合わせたバランスで、ボディもそれなりに太いのですが。

何故だろう、、、長い歴史の中で、お手元に渡る途中でお直しされたりとかあったのかな??

(手直しが入っているかなどの検証がご希望でしたら、別途細部検証してお答えできますのでまたご相談ください)

 

 

3.JPG

↑サイズ表記は34。

 

遠方よりのご依頼でしたので、サイズ感は相当悩みました。

もちろんきちんとお会いして採寸させていただいたのですが、古着のお直しを長年やっているといえども、毎回全く定義ができなくて、

いつどこで手直しが入ったのか、とか、直す服と着用される方のお体のマッチングとか、

シルエット上の全体のバランスとか、

何から何まで「見本」というのが無いので、実際の型を形成するまでにおおいに悩みます。

いつもの私の愚痴ですが「仕上がるまで、毎日あなたちょっとここ(私の横)に突っ立っていて欲しい」。

まさにトルソー(洋裁用の立体マネキン)のように。。。

そうじゃないと、チビの私では全くサイズ感がわかりませんし、

市販のトルソーでは、各々のお客様のお体に合わないばかりか、動きに対しては全くもの物足りないです。

なので私は、大変失礼とは思いながらも、

試作中とか、仕上り後に、

ご依頼者さまの体型に近づくような着込み(ふっくらしているところにそのような厚手の服を着込む、貼る、巻く、など)をして、

実際に何度も試着してみて、動きやすさを確認しています。

そうじゃないと、形だけ格好良くても動きづらくてすぐに着なくなっちゃった、、、となってしまい、

もったいないと思うからでです。

そこはお直し職人になってから15年以上、毎回変わらずずっと工夫してきました。

 

↓例えば、採寸どおりに、数字だけで仮に縫ってみましたら、こんなお袖になりました。

ちょっとベル型(手首に向かって広がっている)です。

これはこれで(それぞれのお好みではありますが)悪くはないですが、ご依頼内容は「ほっそりしたい」という意向を汲んで

4.JPG

 

↓ヒジから下を極力タイトに変更して仮に縫ってみました。

5.JPG

↑、、、が、ビンテージPコートとしては、さすがにここまで細くしないほうが良いですよね。。。

今風な感じになってしまって、なんだか台無しです。

1センチ単位で、太くしてみたり細くしてみたり、何パターンも試してみました。

今回の場合は、5〜6パターン試しましたでしょうか。。。

しかし私の体は、何度も書いていますがチビなので、上記写真では全く何が何だかわからないですよね。。。(汗)

 

 

ということで、仕上がったコートは、上記写真では無く、、、

「ちょうどイイ」サイズになったかなと、嬉しく感じております。

しかし実際にご試着いただくまでは、いつも相当な緊張で胃が痛いです。

 

6.jpg 7.JPG 8.JPG

↑《実際のご依頼者様ご本人の着用写真です》

モデルさんのようなスレンダーな体型に、すべてが完璧となりました!!

モッズ系のファッションリーダーのお方でしたので、お袖に動きシワは入っているとしても(←こういうことにウルサイご年配がいますけども)、

これが最適だと思うのです!

これ以上細いと、さすがにメルトンウールですと生地がブ厚くて動けないでしょうし、

これより太いと、普通の今モノのサイズ感になりますので。。。

とにもかくにも、とってもスレンダーさんでしたので、私も最終的にはご試着を目の前で確認できて、ほっと肩を撫で下ろしました。

 

だってさ、私の試着って

4.JPG

↑これですよ。。。。。。。

まず、腕の長さが全然ちがう〜〜〜〜!手首見えてなくて指が2関節だけとか、、、、(涙)

 

今回の記事は、「袖幅」のみ細くしたお直しです。

肩幅を細く(肩幅つめ)、身幅を細く、丈を短く、、、などなど、全般大好評にてお受けしております。

 

ご協力ありがとうございました!!

 

【上記の出来上がり写真および、当店のすべてのお直し・リフォーム・リメイクは、
パターンメイドやイージーオーダーではありません。
一人ひとりのお客様にピッタリの、lalaコとお客様でデザインをした、
スペシャル・オーダーメイドの1点物なので、
写真と同じ物は作れませんことをご了承ください。】

人気のお直しの「ビフォー、アフター」は、
当ホームページ内、洋服リフォームのページの「写真集」に掲載していますので、
こちらもご参照ください。


→ホームページ Oh là là

今日のお直し