『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

穴〜 From お洒落応援団

2016.02.01 Monday
先日も穴のお直しの記事を書きましたが、
どうやら今日もまた穴のお直しの記事です(笑)。

前回は、穴のお直しには無限の方法があり、
かけはぎ(=かけつぎ)以外は、生地の穴は戻らないというお話をしました。
縫い目のほつれで”穴”に見えるものは「ほつれ」「裂け」「破れ」などと言い、別の対応となります。(お直し代500円〜)
「穴」というのは、例えば、虫食いや引っ掻き傷のような穴です。
タバコの焼け焦げという例えもありますが、最近は喫煙する人も少なくなったので、この原因はめっきり減りましたねぇ。。。

その穴のお直し。当店では”かけはぎ”は専門外だと書いたのですが、
かけはぎ以外の、その他無限大の方法の一つを今日はご紹介したいと思います。
(——ご紹介というほどのものではなく、オーララ流の工夫ではございますが。。。)

DSCN2665.JPG
ヴィヴィアン・ウェストウッド(レッドレーベル)のウールジャケットに、虫喰いの穴でした。
Vivienne Westwoodが大好きで、未使用品をリサイクルショップで購入したけれど、帰って来て良く見たら、、、
お店では気付かない穴が空いていて、泣いてしまうほどショックだったとのこと。。。
新品同様なのだから、是非かけはぎに出して欲しいとアドバイスをしたのですが、まだ20歳の方で(当店としては珍しく貴重な若年層!)、
予算に限りがあり、なんとか最安値で、、、というご依頼でした。
かけはぎは素晴らしく元に戻りますが、お値段はそれなりですものねぇ。(この大きさの穴だと、数千円〜1万円くらいかな?)
DSCN2642.JPG
袖のど真ん中、、、どうやっても遊べない位置なので、正統派で直したいところです。
ですが、予算額が決まっています。
どうしようか、相当悩みました。
しかもよく見ると、その虫喰いは、小さいものが全体に何十箇所もあります。
できるだけ全部の穴に処置をしたいし、でも予算もあるし。。。

当店のお客様は、ほとんどの方がお洒落上級生、知識も経験も豊富で、ご自身のコダワリが何なのかがわかっていらっしゃる、
比較的年齢層が高い方が多いのです。
しかしですね。
ハタチのお洒落大好きお嬢さんが、泣いてしまうほど困っていると言うならば、そこは全部受け止めてあげたいじゃないですか!!?
オーララ得意の「お客様の気持ちを受け止める」姿勢は、ずっと変わっていません。
大企業では無い、lalaコだからこそできることは、唯一それだけなのです!!!!
お嬢さんとしては、コダワリより何よりも、この服が着たいのです。とにかく穴をふさいで欲しいわけです。

そこで、今回の処置はこれに決めました。
まだ空いていない穴に対しては、少し染めました。
これも虫喰いですね。なぜにポリの入った横糸ばかり召し上がるのでしょうか?虫さん。
私的にそれが不思議だった。(理由は以下に)
DSCN2648.JPG→→→DSCN2649.JPG
完全には戻りませんが、1箇所100円ならいかがでしょう??
困れば困るほど対案が出るのは、面白いですね!
ここが一番大きなダメージだったのですが、何十箇所もあったもっと小さなこういったのは、
今回この手法でさせていただきました。手


そして、例のお袖の穴は、、、
DSCN2644.JPG 


裏地を開けて。。。

DSCN2645.JPG


ちょっと失礼して、縫い代から生地を拝借。
DSCN2646.JPG 


裏から当ててみました。
…が、う〜〜ん…なんだか納得がいかず。。。
これじゃないんだよなぁ。。。
DSCN2647.JPG 


拡大すると、こんな感じの生地でした。縦糸がグレー、横糸が黒。
DSCN2658.JPG


あ、そっか、ピロピロしている、この糸をいただきましょう。(裏側です)
DSCN2650.JPG  DSCN2651.JPG


これを何本か集めて、横糸の黒も集めて、、、っと。
細か〜〜く切り刻んで、「ホコリ」を作っていきます。
意外と、糸の本数はたくさん必要です。
(左:黒、右:グレー)
DSCN2659.JPG


ようやくできたホコリを、絵の具を混ぜるように色合いを混ぜ混ぜ混ぜと、合わせ……
ピンセットで生地に乗せていきます。。。
DSCN2660.JPG

この「ホコリ」作戦!何たる邪道!!(笑)
しかも一口に「ホコリ」と言っても、このホコリを作るのは大変でした。
横糸(黒)にストレッチ素材として、ゴムが入っていたのです。
生地だけ触っていても気付かないほどこっそり織り込まれていたので驚きです。
これが難関でした。
なかなかホコリになってくれないんですね。。。
そして、このゴム(ポリエステル)を好んで虫さんが食べてしまったのですね!!?


で、仕上りがコレ。
遠目に見たら、少しは目立たなくなったかも。。。
500円ですので、グレードと金額は比較していますので、そこは大めに見てくださいね。1万円の方法はできないですしね。。。
(多少のお洗濯には耐えますが、長持ち度は保証できませぬ)
DSCN2662.JPG
これらは、すべての生地に対応できる方法ではありません。
この生地だからこの方法を考えました。

さて、毎度毎度、こういう難易度高い、ワガママなお直しに十数年毎日向き合ってきました。
なかなか全部をご紹介できずですが、困ってしまった時は一度是非「Oh là là」へご相談くださいませ。
洋服でしたら、ほとんどの事に最善策をご提案できるかと思っております。
そして、いつも地味に少しずつでも新しいことにチャレンジして工夫しています。
前回やったことと同じ事はしていません。必ず進化し続けている自信はあります!!
(前と同じにやってくれ、と言われても、必ずレベルアップしています。
”いや、あのレベルが好きなんだ”と言われればしますけど。。苦笑)

このご依頼者のお嬢さんは、美人さんで背も高くモデルさんのような佇まいでした。
とても20歳に見えないくらいに大人っぽくて、、、。
これからももっともっとお洒落を楽しんで「服って直せるんだ!」と知っていただければそれだけで私は幸せですハートハート
リサイクルショップで買う時は、これからはコンディションをよく確認して買いましょうネ♪
という勉強もしていただけたら、嬉しいです。
きっと将来は、このままお洒落で素敵な女性になっていてくださるはずです☆私は信じていますっ!
お洒落応援団として、私も出来る限り頑張りますね!!

いやぁ〜、お直しの記事はいつも長く書いてしまいますねえ〜、笑。
熱い熱い(笑)。
誰か常にカメラマンが密着して隣にいてくれたら、全部の資料が残せるんでしょうけどねぇ。。
それはコスト的には難しいのよねぇ。
皆様、いつも難題なお直しをありがとうございますm(_ _)m
昨日も今日も明日も、真剣に楽しくやりますよ〜〜ん☆
では、今日はこんなところです♪


【上記の出来上がり写真および、当店のすべてのお直し・リフォーム・リメイクは、
パターンメイドやイージーオーダーではありません。
一人ひとりのお客様にピッタリの、lalaコとお客様でデザインをした、
スペシャル・オーダーメイドの1点物なので、
写真と同じ物は作れませんことをご了承ください。】

人気のお直しの「ビフォー、アフター」は、
当ホームページ内、洋服リフォームのページの「写真集」に掲載していますので、
こちらもご参照ください。

→ホームページ Oh là là
今日のお直し