『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

軍服

2011.02.12 Saturday
最近、「今日のお直し」の記事ばかりが続いています。。。

今日のお直しは、ちょっと変わり種。
本物の軍服です。

世の中には、軍服マニアの方や、コレクターの方はいらっしゃいますが、
資料としての価値を下げてしまうので、あまり修理はしないそうです。

それをこの度、「遊びで着用する用」として、少々修復させていただける機会がありました。
すごく嬉しいです。

といってもやはり、できるだけオリジナルをとどめる範囲の、
ほつれたりした部分の補修的なお直しとなりました。

1938年から数年間使用された、昭和13年制式=九八式の、
大日本帝国 「陸軍」 の軍服です。
1.jpg
この胸ポケットのフラップ、すごく凝ったカタチをしています。
昔のテーラー職人さんの技術、丁寧さ、敬服いたします。

私個人的には、海軍ファンですが、
第二次世界大戦前〜中の、こちらの軍服は 陸軍の「将校用」。
若手の 「青年将校」 たちは、支給服ではなく、
細部をカスタマイズして、テーラーで仕立てた軍服で、お洒落を競っていました。
私達の時代の学生服みたいに(笑)

ちなみに、こちらの軍服は、あまりイカしていない方です(失礼)。。。
上のフラップと比べると、無難な感じです。
3.jpg (画像:wikipediaより)

当時の将校で、私が一番イカしてると思ったのは、
騎兵将校の「閑院宮春仁王(かんいんのみやはるひとおう)」!
4.jpg (画像:wikipediaより)
どうです?!!
この日本人離れしたスタイル!
高く、細いスタンドカラーの衿に、ギュ〜ッと絞ったウエスト。
タイトな胸元。
着丈が短くて、ズボンの絞りの位置の高さ。
もちろん胸ポケットのフラップのカタチもカッコイイ。
昭和初期の青年に、こんな方がいらしたとは!
デザイナーかスタイリストでも付いていたとしか思えない、完璧なバランス!
カッコ良すぎて、携帯の待受け画面にしています(笑)

という、貴重なお直しをさせていただきました。
今後も勉強を続けさせていただきます。



そして、オマケで、同じ方から、以前こんな依頼も。
2.jpg
腕章です。
本物が、倉庫のどこかへ入り込んでしまい、今すぐ使いたいので、という時でした。
大正時代がモデルです。
資料に忠実に基づいて、生地のサイズを裁断し、縫って、字を書きました。
(文字のフォントは、グラフィックデザイナーの友人に協力してもらいました)
これは、遊びで即席でしたけどね(笑)


将来は、世界各国の、歴史資料の衣服を修復したいな、という夢の、第一歩でした。
ありがとうございました。


人気のお直しの「ビフォー、アフター」は、
当ホームページ内、洋服リフォームのページの「写真集」に掲載していますので、
こちらもご参照ください。


※こちらの画像掲載が不都合な方は、遠慮なくお申し出ください。
 いつでも消去いたします。

→ホームページOh là là

今日のお直し