『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ  youtube黒2.jpg

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

大地震

2007.07.16 Monday
本日お昼に、新潟と長野で、大規模な地震がありました。
「平成19年新潟県中越沖地震」と名付けられました。

時間の経過と共に、被害の大きさが明らかになっていきます。
被災地の皆様には、お悔やみ申し上げます。
何か協力できる事があれば、是非応援に駆けつけたい気持ちでいっぱいです。

でも今も高円寺では、いつものにぎやかな風景が変わらずあって、
夕暮れの飲食店では、何もなかったかのようにお酒を片手に笑いあっています。
ちょっと悲しい風景です。

地震も台風も、自然災害すべては、このハイテクな現代であってもまだ予測が完璧にはできません。
天気予報くらい、もうちょっと当たっても良いと思うのですが、
それだけ「自然」というものは恐ろしく生々しいもの、だともいえます。

特に日本という場所は、昔から自然災害と共に歩んできました。
台風、津波、地震、土砂くずれ、大雪、洪水etc・・・
それから四季という季節。
いつ何が起きるかわからない。
一瞬にして、すべてが失われてしまうという恐怖。
長い歴史の中で、日本人はその恐怖と戦い、そして克服してきました。
どんなにつらい状況におかれても、立ち直る事のできるタフさ。
私たちの血の中には、そんなポジティブな血が、知らず知らずのうちに流れているんだそうです。

「郷に入れば、郷に従え」
ということわざにあるように、悲しい状況でも、ちゃんとそれを受け止めた上で、そこから新しいスタートができる。
状況に順応できるのが日本人なのであります。

あんなにボロボロになった戦争の後、諸外国が驚くほどの速さで復興をとげた実績には、日本人の魂を感じます。

私も、これから先、いつ大災害にあうかわかりません。
今までコツコツ努力してきた事や、大切にしてきた物が、一瞬でなくなる時が来るかもしれません。
それは家族や親友やペットかもしれないし、住み慣れた街かもしれないし、懐かしい故郷かもしれないし、自分の手足かもしれません。
(注:私には物欲があまり無いので、あえてこの場では「物」の名前は出しません。)
それでも悔いのないように、今を生きなければいけないし(親孝行も。)、災害時には、みんなで助け合っていかなければならないと思うのです。

日本人が、ずっと自然を神様として祀(まつ)ってきた気持ちは、とても良くわかるのです。
太陽、空、山、池、木、岩、そういう自然の神が怒らないようにと、大昔から願う日本の土着宗教を「神道(しんとう)」といいます。

自然は素晴らしい、そして怖いのです。
新潟・長野の皆様、1日も早く元気になってください。

※フランスは、地震は無いに等しいです。うらやましい。。。

Oh là là
日本