『Oh là là 』 のホームページはこちら!⇒ Oh la la   Ohlala_lalakoをフォローしましょう  Facebook公式ページ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

articles récents 最近の記事

catégories カテゴリー

Archives 月別アーカイブ

rechercher 検索

このサイト内の検索

洋服修理業という私の仕事

2012.03.24 Saturday
ふとした時に、考えることがよくある。

自分のやっている仕事についてを。

今まで生きてきた中で、たくさんの種類の仕事をしてきたけど、
2001年から独立して、一人でやってきた仕事。
フランスから古い洋服や雑貨を買い付けてきて、修復してお店に並べて、次の使い手さんに渡すという、古着屋という仕事。
フランスと日本を繋ぐ、言語や文化交流のお手伝いという仕事。
この二つも大好きで仕方ないけれど、今はご周知のとおり、表向きは一旦幕を閉じてしまいました。
だけど、洋服を修理する、という仕事だけは、ありがたいことに今も続いています。

この、洋服を修理する仕事について、考えるのです。


実は私は、物理的な「物」への執着が全くないです。
物をコレクションしたり、いつも磨いてピカピカにしたり、ということにも興味がありません。
万が一、災害で物を失ったとしても、何の後悔もしないと思います。

というと、がっかりされてしまうかもしれませんね(笑)。

多分私は、目に見える「物」に執着しない代わりに、「物の中のモノ」が愛おしいのかもしれません。

随分前、古着屋さんだった時にもそんな記事を書いたのですが、
やっぱりその気持ちは今もずっと変わりません。

物の中にある、物自体の存在/歴史/使い手の想い・・・
それは目に見えなくても、形がなくなっても、ずっと心の中に永遠に残るモノだから・・・
それを大切にしたいなって思うのです。


お直しをしていて、いつも感じます。
お客様の気持ちを。
好きな服をもっと長く着たい、もう少しかわいく・かっこよくしたい、
着てなかった服・譲り受けた服をよみがえらせて、また着たい、
まだまだ捨てるにはもったいないetc.....
つまりはすべて「愛着」という気持ちが、洋服を通して伝わってくるのです。

私はいつも、服のお直し屋というよりは、お医者さんになったような気持ちがしています。
「今日はどんな症状ですか?」
「普段は足をどちらで組みますか?あぁ、だからこちらの膝だけ弱ってるよね」とか。
「これはどんなアイテムと組み合わせることが多いですか?」
「こういう方法もあるけど、それならこっちの方がお客様には向いているよね」とか。
「これからはこういうお手入れにしたら、もっと長持ちしますよ」とか。
服を直しているというより、お客様の気持ちを治している仕事なんだなぁ、と実感するのです。

本当は、自分のやっている仕事に、自信を持てたことが一度もなくて、
それで悩んだりしたことは山ほどあるけれど、
私にできることも、少しはあるんだなぁ、とも思いながら、
今日も噛み締めて仕事をしました。


事情があり、戸籍上は他人ですが、血の繋がった実の祖父母の存在を数年前に知りました。
祖父は、戦中は内科医だったそうですが戦死したそうです。
祖母は戦中、内科の看護師でしたが、戦後は日本の精神科医療を看護面から切り開いた人物という事実も知りました。
祖母の著書をいくつか読んだ時は、祖母の偉大さと強さと優しさを感じ、自分が恥ずかしくなりました。
だけど今になって、私にもあの祖父母の血が流れているのかなぁ、洋服のお医者さんだ(笑)、と前向きに自分を励ましてみたりしています。


よく「洋服バカ」とお褒めの言葉をいただいたりして、もちろん洋服も大好きですが、それよりも何よりも「人が好き」なんです。
洋服と一緒に、その洋服を着る人の想いを感じられる仕事。
私の技術なんてまだまだまだ、だし、いつも迷いや不安ばかりで落ち込むことも沢山あるけれど、
お客様の笑顔が見れるなら・・・。
これからも、この「洋服修理」という仕事に誇りを持とうって思っています。

ね、いいでしょ?


→ホームページ Oh là là
lalaコ自己紹介

フォローお願いします★★★

2011.01.28 Friday
ホームページのトップページでもお知らせしましたが・・・

 ツイッター始めました。
リアルタイムで、店主:lalaコのつぶやきが見られます。

こちらのブログが更新されると、ツイートに自動反映されますのでチェックしてみてくださいね。
ホームページのトップでご覧いただけます。
白地の「Ohlala_koenji」をクリックすると、過去のすべてのツイートを見ることができます。
(2012.7.22にユーザー名を「Ohlala_lalako」に変更しました)


もちろん、こちらのブログも、今までどおり更新しますので、
応援よろしくお願いいたします!

フォローはこちらから
Ohlala_koenjiをフォローしましょう


→ホームページ Oh là là

lalaコ自己紹介

人形

2010.03.03 Wednesday
今日は、雛祭りですね。

私の実家では、まだお雛様を飾ってくれているらしいです
何歳まで飾るんだろうか、お恥ずかしい。。。



↑上の写真は、名古屋に帰省した時に立ち寄った、市立図書館に展示してあったお雛様たちです。
なんと、大正時代のものだそうです。
立派です。
(※許可をいただいて撮影しました)

実家のお雛様も、7段飾りの立派なものでした。
階段を組み立てるのも楽しかったし、
赤い布をひいて、人形を飾る台を並べていって、そして順番に人形を置いていく。

と、ここまでは結構テキトーな作業ですが、
人形を定位置に置いたあと、小物を持たせたり、帽子を被せたり、ミニチュア家具をセッティングするところが!!!
私にとっては、一番真剣で、一番ワクワクする時間でした。

着物もいっそ、自分で着せてみたかった。。。
12単(ひとえ)の12枚、着せてみたかった。。。
(そんな着せ替えお雛様が、もしも発売されたら、買ってしまいそう・・・)

ミニチュアの扇子や、太鼓や笛、弓、靴をはかせた記憶も・・・
とにかく、見本の写真を見ながら持たせてみるのですが、
型にはまるのが嫌いな私としては、別の人形に違うもの持たせてみたり
いろんな実験をするのが楽しみでした

そして、最終的には、見本どおりの正しい位置に小物は納まるんですが。

途中が楽しいんですよねー。

・・・だけど、お人形の体も着物も、すべてカチコチ、バキバキに固まっていたのだけが不満でした。
飾りやすいように、との配慮なのでしょうけど、腕も足もピクリとも動かせず、
それが全然楽しくなかった記憶があります。



人形といえば、私は「着せ替え人形」マニアでしたね、小学生の頃。
集めに集め、コレクターの域を超えていました。
そして、毎日遊んでました。
この頃はすでに、ファッションが大好きでしたから。
紙の人形ですが、いろんな服に着せ替えるのが楽しくて楽しくて。
楽しく学んでいたんですね、今思い返せば。
あの時があって、今の私がある。
面白いですねー。


Oh là là
lalaコ自己紹介

今年も溜まった〜

2009.12.27 Sunday
 クリスマスも終わり、みなさんはもう、お正月モードでしょうか。

Oh là làは、年内30日まで営業していますよ


どうしてもやめられないクセが、私にはありまして、いきなりですが、ここで告白しちゃいます。

溜まってたまって、困るほどです。

それは・・・・メモです。


超メモ魔なんです、私。。。

しかも、広告の裏とかに書くし。。。

1日に数枚のペースで増え続ける紙切れたち。。。

脳ミソの引き出しに入りきらない名案が、ぎっしり書かれていますよ。

たまに読み返すと、なるほど!と、新しい発見があり、我ながら感心してしまいます。

だから捨てられないんだけど、
書きっぱなしで、いつのまにか忘れられているこの紙束は、
私に読み返されるまでは、ただの・・・ゴミですかね(笑)。

写真は、たった2〜3ヶ月分ですが、我ながら頑張ったナ、と思います。
これがすべて、頭の中に入っていれば、もう言うことナシですけどね
年末大掃除とともに、こういったメモも、1年に1回は整理した方が良いのでしょうか?

いや・・・しなくていっか(笑)。

(このメモ・スタイルは、遺伝のようです。おばあちゃん、父、そして私へと、代々受け継がれて?いるようで・・・
メモ帳や、ノートに書くという発想は、どうやら無いようで・・・)

Oh là là
lalaコ自己紹介

パソコン直りました!

2009.09.18 Friday
©Intel Corporation

ゴブサタです!
やっと再開です!

やっとパソコンが直りました!!
そして、幸運にも、データもすべて復元でき、設定も完了です!

これからは、商品ブログの方も再開いたしますので、
お楽しみに♪

上の画像、intelのCMですが、

♪僕のあだ名は分解くん
何でもかんでもバランバラン
元に戻せなかったら、ごめんね♪


この歌聞いた時、あ!私のことだ!
と、嬉しくなってしまいました。

私は、洋服は元より、
何でも自分で修理をしてみたくなって、
壊れてるものは、何でも分解してしまうんです。
"壊れてるもの"限定ですが。。。

今回も、このパソコンを、友達に修理してもらったのですが、
急いでやってくれたので、ネジのはめ方が中途半端なまま戻ってきました。
そこで、自分でまた分解(本格的ではないですが)して、元に戻しましたっ。
どうせ一度は壊れたんだし、元に戻らなくても・・・
未練はありません。

ミシンも何度も分解して、今はすっかりミシンが理解できましたし、
分解するのは、私にとっては実験みたいでワクワクする行為なんです楽しい
楽しすぎる・・・!

この分解君の気持ち、わかるわぁ〜。

↑これとか、めちゃくちゃ達成感だよね〜。
拍手っ拍手

私の分解の目的は、修理なのですが、
バラバラになってしまってから、直らなかった、ということも、たまにあります冷や汗
よけい悪化させたりして・・・
でも、やっぱり未練は無いのです。
それでも、中味のしくみが解っただけで、大満足なのです楽しい

分解して、いちいち写真とかを撮ってないので、証拠があまり無いのですが、
ホームページの「お直し写真集」に少し載っているので、
ご興味のある方は覗いてみてください。

ブログを書いていない間に、
日本の政権も交代したし、麻生さんも交代したし、
世の中いろいろ変わりましたね。
Oh là làも色々新規一転、しばらく私一人でがんばりますので、
ご無沙汰してる皆さん、お店に遊びにいらしてくださいねー!

Oh là là
lalaコ自己紹介

大好きな地図

2009.05.06 Wednesday
今日でゴールデンウィークも終わりです。
皆様、民族大移動、お疲れさまでした。
私は、混雑している場所が、大の苦手なので、
世間の波とは逆流して、平日にお休みできるこの仕事が気に入っています。
という、ひねくれ者のひがみ?アハハ

なんと今年は、9月にもゴールデンウィークが!!
ゴールデンでしょう?これ。
19日土曜日〜23日まで、赤い数字が並んでいます!
季節も良いし、どこか行きたくなりますねー。

話変わって。
実は私、地図が大好きな女、なのである。

30センチ四方の地図1枚で、
ご飯3杯は食べれます。
という例えは、地図好きにしかわからないかもしれませんが、
例えばテレビを観ながらご飯を食べる人なら、近いものがあるかもしれません。
ドーパミンだかアドレナリンだか知りませんが、
おいしい味がしてきて、おかず無しでもご飯が食べれてしまうというくらい、夢中になれるってわけです。

地図の何が好きかと聞かれれば・・・
「小さな冒険」と答えるでしょうか。。。
バーチャルな街や道を、妄想でひた走る、もしくは歩く。
それだけで夢の世界へ旅立てるのです。
私に地図を見せたら最後です、
何時間でも見つめています。
話かけても答えません。
空想家の私が見たい方は是非、お試しください。

その私が10年間愛用していた「東京23区」の地図を、
ついに買い替えることにしました。
外に出かける時は、恥ずかし気もなく手に持って歩いていました。
いろんな書き込みがしてあり、
愛着がありました。
しかし、東京の街は生きていて、
10年も経つと、もう何の役にもたたないくらいの、ただの懐かしい本となってしまっていたのでした。

だって、東京メトロになる前のだし、
もちろん副都心線もつくばエクスプレスも、
大江戸線、三田線、南北線だって載っていません!

三井住友銀行が、さくら銀行だったり、
六本木、表参道ヒルズもミッドタウンも、
私の地図には無いんです!

しかも道路も、新しく出来た道がたくさんあるのに、
全く地図の意味が無いのですよー。

愛着があったって、買い換えるしか無いのですね、地図って。。。
残念だけど、今日でお別れです。
今まで「超」方向音痴の私を、助けてくれてありがとう悲しい
さようなら。。。

注:地図好きですが、かなりの方向音痴なのです。

パリの地図は、まだ買い換えなくて良いみたいですね。
東京みたいに変わらないところが、パリの良いところですから。

※清志郎さん、青春をありがとう。永遠に。。。

Oh là là
lalaコ自己紹介

空想は病気ですか?

2009.04.17 Friday
散歩と称して、テクテク歩いている時
と、
仕事で手縫いの針仕事をモクモクとやっている時。
私はこの2つの事をしている時に、
くだらない空想をしてしまってます。

実は他の時間にも、
つい空想をしてしまいそうになるけれど、
あまりに危険なので、他の時間は意識して考えないようにしました。
例えば、車を運転している時・・・アブナイ。
自転車も意外と危ない。
温泉にゆっくり入っている時・・・これは気持ち良すぎて、だんだん眠くなってきて、ハッと気づいたら・・・湯舟の水面と、自分の鼻がくっつく瞬間だった、という事が何度もあり、おぼれそうなので、とても危険でした。


そのくだらない空想とは、「もしも」シリーズです。

誰しも、いろんな「もしも」を空想するかと思いますが、
私が一番楽しい空想は、
「もし私が、フランス人だったら」
と、子供じみた夢を想像するのが・・・というより、
自然にしてしまっているのです。

本当にバカらしい話に聞こえるかもしれませんが、
フランスが大好きなんです。
フランスにいるだけで、顔がニヤニヤしてしまうんです。
そういった話は以前も書きましたので、こちらで。

フランス語を聞いていると安心する、
日本料理より、フランス料理で毎日生活するほうがラク、
畳の生活は絶対できない、
前世は絶対フランス人だったに違いない、
などなどなど。。。。。
なんで私は肌の色が黄色いんだろう、顔の彫りが浅いんだろうと、昔は何度悩んだかしれません。

まあ今は、外見はともかく、
どうやったってフランス人になれないので、
空想で楽しむようになってしまったんです。
(これって病気?)
最近の私は日本が大好きなので、
「もし私が日本に憧れるフランス人だったら」という空想をしています。

空想だけにととまらず、だんだんすべてが、そういう目で見えてくるのでもっと楽しいです。

家に入る時に靴を脱ぐ、清潔な生活。
日本語の美しさには感動します。
箸を正しく使って、焼き魚の骨をよける。
電車の中では、携帯はマナーモードにして、絶対出ない。
もしママチャリに乗るチャンスがあったら、どんなに嬉しいでしょう!
私たちが日本で当たり前にしている事、すべてがいちいち嬉しくて仕方ないと思うんです。

そんな空想を延々としてしまう、アホな私です。


あと、これは空想ではないんですけど、
フランス人に生まれなくてくやしいのと似ていて、
なんで自分が男に生まれなかったか、
くやしい思いをしながら生きてきました。

男になる手術も、国籍を変えて日本から離れるのも、
できるかもしれない。
でも、逃げずに、強く自分をみつめて、認めるしかないんだ、
この血は誰の血なんだ、私はただ独りの私だと、
おかげ様で、いつしか気づくことができました。

フランス人でなくても、
男でなくても、
人生楽しんで生きれれば、まあいいんじゃないか、
という気持ちで考えたら、面白い毎日になりました。

みなさんは、どんな「もしも」を想像する時間が楽しいですか?楽しい

Oh là là
lalaコ自己紹介

なんで忙しいのか

2009.01.20 Tuesday
さて、お正月もとっく過ぎ、
今は「確定申告」に追われています。

会社勤めの方は、あまり縁が無いかもしれませんが、
個人商店で自営業の私は、毎年いつも恐怖の時期です。

だって、普段、何にも準備をしていないのです冷や汗
しかも、超アナログ派なので、
恐ろしいことになっています。

毎年、「今年こそは、デジタル化!」と思っていても、
ほったらかしで。。。
アホですねーモゴモゴ

しかしこれでも一応、簿記検定2級だったりして。
珠算検定は「段」持ちだったりして。

思い出したけど、そういえば、情報処理検定も、3級だったような。
なかなかやるじゃん、私。拍手
(なのにコンピューターが苦手だという・・・。)

しかし、それとこれとは話が違う。
あ〜、1ヵ月以上かかるだろうなー。。。
でも、やるしかない。

けど、何でこうも、
自分がやりたくない事ばっかりで忙しくしていないといけないのか!?
情けないよー。

で、もう明日は水曜日!
木曜日は定休日でお休み!
休みは、外に出かけられるから嬉しい。
木曜日意外は、ずーっと閉じこもって仕事をしなければいけない。
高円寺を出ることができない。

次の休みは、どこに行こうかな(ワクワク)・・と考えてると、
あっという間に、すぐ水曜日になる。
1週間は早いなぁ。

もともと、動物占い(懐かしい〜)(C)小学館 によると、私は「ペガサス」で、
一ヵ所にじっとしているのは、性に合わないんだよね〜。
背中に羽を付けて、自由に飛び廻っていたい!

Oh là là
lalaコ自己紹介

チン♪トン♪シャン

2008.08.26 Tuesday
そんな短い夏に、
3週間も風邪をひいてしまったのもあって、
全然アウトドアに行けませんでした。。。。あぁ。。。

しかし、ボンヤリとしてはいられない性質で、
この数ヶ月の間、私の好奇心は「江戸時代」にクギ付けになってしまいました!

家で観るテレビは、ついつい時代劇に目が行ってしまう・・・
読む本も、時代小説に・・・

町を歩いていても、「ここは、あの頃、こんなあんな街道だったんだろうな〜」と、
目の前の町並みが、江戸時代の建物とリンクして見えてくる・・・
通り過ぎる男の人、「あの頃は、ちょんまげで、刀を差してたんだろうな〜」と、
サムライに見えてくる・・・
夕暮れの庭に、水まきしている音が、料亭の宵を想像させる・・・
どこからか三味線の音が聞こえてきそうな気が・・・
すべてが、タイムスリップして見えてしまうような、したいという願望なのか・・・
一種の病ですね、これは。

想像だけでは気が済まなくなり、ついに今週は!
待ちに待った!
三味線を習いに行ってきます!
憧れの端唄なんですぅ〜♪
めちゃくちゃワクワクします!!

更に、和裁も始めるのです♪
ずっとずっと、着物にも興味があって、
洋服のことだけじゃなく、衣類全般、ファッション全般についていろいろ勉強していましたが、
日本に住んでいて、和裁ができなければ、
お直しの幅も狭いままだと、つくづく思っていたのです。
技術も知識も、もっともっと成長したいんです!
考えるより実行です!

Oh là là
lalaコ自己紹介

ケチな私

2007.12.14 Friday
私はとてもケチです。
これは有名な話です(笑)。
名古屋人気質というのでしょうか・・・
と書くと、名古屋の人に怒られそうですが。
自分では、合理主義なだけと思っているのですが、
どうでしょうか??

中でも私の場合は「もったいない」病かもしれません。
衝動買いは、ほとんどしません。
すぐに飽きてしまうとか、使わなくなりそうとか、捨てるとか、
そうゆう「もったいない」買い物は嫌いです。
できるだけ、何通りにも使い道のできる物を選ぶようにもしています。

だから、一度買ったものは、何年でも使いつづけます。

そして、物を捨てる時も慎重です。
物は、必要最小限しか買っていないので、
普通の人より、持ち物は少ないのですが、
生活していれば、もちろんゴミは出ます。
でも私の場合、捨てる前に必ず「何かほかに別の使い道ができないだろうか?」と思い巡らせます。
みんなにとってはゴミかもしれない物も、私にとってはゴミではなかったりする。
毎日大量にポスティングされるチラシでさえも、まず裏が白いかどうかをチェックしてから捨てたりして。。。
だって、白い紙は、小さく切って、ホチキスで止めて、メモ用紙になるの。
「うわ、ケチ」と、また言われそうです(笑)。

Oh là là
lalaコ自己紹介